MENU

抜いてムダ毛ケアする場合

ムダ毛処理,
剃る,抜く,頻度

お肌のムダ毛を家でケアする時は人によってやり方が違います。
大抵の場合、毛抜きや除毛テープを使って毛を抜くという人が多いです。

 

ムダ毛を抜く時には、どんな点に注意をするといいでしょうか。
毛を抜いてきれいにすると、肌が美しく見えるかもしれません。

 

毛の根元に細かな毛細血管が張り巡らされていますので、毛を抜くことでその部分が痛んだり、炎症が起きてしまうことがあります
皮膚の炎症が起きると、抜いた部分の皮膚がかゆくなったり、ブツブツとした皮膚になることがあります。

 

横向きに毛を抜いて、毛根が横向きになっていると、次に新しくムダ毛が生成される時に皮膚の下にムダ毛が埋まってしまう埋没毛になりかねないようです。

 

電気脱毛機で抜く

自宅で行う方法に、電気脱毛機でムダ毛を取り除くというものがあります。

 

抜く時には皮膚にぴったりとヘッドをつけます。
ムダ毛の長さを事前に三ミリ程度にしておくことで、脱毛の痛みも軽減できます。

 

脱毛テープで抜く

脱毛テープでムダ毛を抜くという方法もあります。

 

脱毛したい部分の毛の方向性を揃えておいて、テープを貼る時には余分な空気が入らないようにします。
この時皮膚が濡れていたり、汗をかいていると、シープが貼りづらくなります。

 

まずは脱毛テープを使い、除去しきれなかった部分は毛抜きで抜いていきます

 

脱毛ワックスで抜く

もしも脱毛ワックスを用いるならば、ムダ毛の長さは5mmくらいにしてから行っていきましょう。

 

脱毛を終えた後、皮膚が腫れたり、かゆくなったりしないように、仕上げのケアもしっかりします。

 

皮膚に過度のダメージを負わせないように注意しながら、ムダ毛ケアに取り組みましょう。


剃ってムダ毛ケアをする

カミソリなどで毛を剃ってムダ毛をケアしているという人がいます。

 

毛を剃ると再生した毛が毛深さを増すという話もありますが、剃ったからといってムダ毛が濃くなることはありません

 

カミソリは、ムダ毛の断面が四角形になるような状態でケアするために、再生時のムダ毛が太く見えるようになります。
ムダ毛の太さは、カミソリを使っても使う前と同じです。

 

幾つかのことに注意をしてムダ毛ケアをすことによって、皮膚に負荷がかからないようにすることが可能です。

 

剃る時の注意点

お肌に負荷がかかりすぎないように、皮膚をよく濡らしてからムダ毛の処理をする習慣をつくるようにしてください。
お肌に負担にならないようように、ワセリンやシェービングクリームで皮膚を保護することも大事です。

 

ムダ毛のお手入れは毎日しているという方もいるようですが、あまりこまめにムダ毛剃りをしていると、皮膚の健康を損ねやすくなります。
肌への負担を避けるなら、2週間に1回か2回程度にします。

 

特に生理前は肌荒れの可能性が高くなっています
ムダ毛ケアをするタイミングは、生理の前後は避けるようにするといいでしょう。

 

ムダ毛ケアは、体の調子がよくない時や、日焼けをした肌はよくないことがあります。

 

剃毛後は皮膚の保湿をしっかり行い、肌をケアしておくことで、ムダ毛を処理した後の肌荒れが避けられます。

除毛クリームでムダ毛ケア

ムダ毛を抜いたり、剃ったりしたくないという人は、除毛クリームでケアをするというやり方があります。
除毛クリームでのムダ毛ケアには、気をつけたいことがいくつかあります。

 

購入した除毛クリームで、まずパッチテストをします。
少量の除毛クリームを、腕の内側などにつけて数分放置します。

 

肌荒れなどの問題が起きないことを確認してから、除毛クリームとして使いましょう。
その日の体調や肌の状態によっても反応の出方は変わりますので、ムダ毛ケアをする前には常にパッチテストをするようにします。

 

脱毛クリームの使用方法

皮膚は乾いているほうが望ましいために、入浴時で、浴槽につかる前が除毛クリームの使い時です。
ケアをしたい肌に対して、すみずにみまで除毛クリームをつけ、3分後にぬるま湯でクリームを流します

 

ムダ毛ケアのために除毛クリームをつけた後の皮膚は、肌荒れしやすい状態にあります。
あまり刺激になるようなことはしないようにすることです。

 

ベビーローションをつけることで、乾燥からお肌を保護することができます。
制汗剤、香水、日焼け止めは肌への刺激になるので、除毛後一日はやめておきましょう。

 

除毛の翌日は、紫外線の下で長時間活動するようなことは控える必要があります。
どこかに出かける予定があって、そのためにムダ毛ケアをする場合は、余裕を持って行うことです。

ムダ毛処理、どのくらいの頻度がいいの?

ムダ毛処理,
剃る,抜く,頻度

女性は特に気になるムダ毛

最近は男性でも気になる方が増えているはずです。

 

これからムダ毛処理の頻度について簡単に説明していきたいと思います。

 

基本的にムダ毛と呼ばれるのは女性であればワキ、足、腕
人によってはデリケートゾーン、女性であっても髭や胸毛なんかも気になる箇所でしょう。

 

毛自体は生物として必要であるから生えているのですが、やはり人間の築いた時代には合わないというかなんというか……難しい問題ですね。
そこで、処理の方法でおすすめしたいのはやはり脱毛です。

 

脱毛処理の注意点

脱毛と言っても、サロン等である必要はありません。
脱毛器も最近は時間もかからずできるタイプも出てきています。

 

痛くても伸びるのを遅くすることができるという意味で抜くというのは魅力的な手段ですが、埋没毛ができてしまうのが困ったものです。

 

頻度ですが、おすすめしたいのは三日に一度です。
敏感肌の人は特にですが、毎日や一日おきなんかではお肌が傷だらけになってしまいます。
肌が傷つくということは埋没毛がいつできてもおかしくありません。

 

大事な自分のお肌を労って、三日に一度程度で処理をしましょう。

女性は足のムダ毛処理を怠れない

 

ムダ毛処理,
剃る,抜く,頻度

女性はしっかりと足のムダ毛処理をしなければなりません。

 

怠ってムダ毛がボーボーなままだと印象が悪くなってしまい、周りから幻滅されてしまいます。どんなにおしゃれをがんばっていてもムダ毛処理ができていないとガッカリされてしまいます。

 

おしゃれに自信を持ちたい、きれいだと褒められたいと感じるならしっかりとムダ毛処理を行うようにしましょう。

 

しっかりとムダ毛の手入れを行っていると印象が良くなって過ごしやすくなります。

 

気軽に肌の露出も行えておしゃれを台無しにしてしまうこともありません。思いっきりおしゃれを好きなだけ楽しむことができてファッションの幅を広げることもできます。

 

ムダ毛のせいで我慢をする生活を送ることは勿体ないです。ムダ毛の処理と併せて肌のケアも丁寧に行っておくようにしましょう。

 

肌の保湿を行うとより印象が良くなります。肌に乾燥やトラブルなどがあると見た目が悪くなってしまうので、女子力をアップさせるためにも大切です。

女性の身だしなみ、アンダーヘアのムダ毛処理

ムダ毛処理,
剃る,抜く,頻度

アンダーヘアは生物学的には、外性器を守る、フェロモンを発する、などの目的で備わってきたのだと考えられています。

 

しかし今日では、それがムダ毛処理の対象と見られるようになってきています。下着や水着からはみ出さないように、ハサミやカミソリを使って手入れをした経験のある女性は多いことでしょう。また今日ではワックスを用いたりハイテク技術で脱毛することもできます。

 

 

IラインOラインは、むしろ何もない方が快適であると認識されています。

 

生理やおりもの、夏の汗で雑菌が繁殖したり、トイレの後の汚れなどを考えると、完全に脱毛するメリットは大きいものです。

 

Vラインでは、単に下着や水着からはみ出さないようにとするよりは、むしろきれいな形に整えておくという審美的な要素が見られます。小さめの逆三角形や卵型のように自然な印象を与えるものから、長方形・ハート型などのように個性的な形もあります。

 

温泉や銭湯を利用する機会が少なければ、Vラインも完全に脱毛してしまう方がよいとする意見もあります。

[ムダ毛の処理に困ったら!]関連情報

二重美容液の効果を徹底比較|二重美容液おすすめランキング
不眠症サプリで不眠症を対策して爽やかな朝を手に入れる方法
睡眠成分テアニンを徹底比較|本当に効果のあるテアニンサプリは
腰痛マットレスの正しい選び方|高反発マットレスの人気ランキング
肩こり・首こりに正しい枕の選び方|快眠枕おすすめランキング
ストレートネックと枕の原因・症状・対策
高反発マットレス【モットン】で腰痛対策できるのか効果検証
足のむくみをすっきり解消したい!足がむくむ原因と対策とは
カリウムサプリを徹底比較|本当に効果のあるカリウムはどれ
セラミドは本当は効果なし!?化粧水とサプリどちらがいいの?
O脚の原因と改善|自宅で簡単にできるO脚矯正方法をわかりやすく紹介
美容ドリンクの効果と選び方を徹底比較
日焼け止めのための対策と方法とは!飲む日焼け止めサプリの効果比較
安心でおすすめの顔脱毛を一挙公開!効果を徹底比較
日本で唯一シミ・小ジワに効くロスミンローヤルを実際に使ってみた体験談
b.glen(ビーグレン) はホントにシミ・ニキビ跡に効果的なの?

あなたに最適なニキビケア方法|ニキビの原因から対策を徹底解説
鼻ぶつぶつ(いちご鼻)鼻の毛穴の黒ずみの本当の原因と対策
背中ニキビ(背中にきび跡)の原因と自宅で行える簡単な治し方
アイキララ|目の下のクマでお悩みの方必見!衝撃の改善方法とは









このページの先頭へ